コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

餓鬼の話

こんにちは、とものすけです。

餓鬼というと、やせ細って、お腹だけがぷっくり出ている印象がありますが、妖怪などではなく、普通の人霊です。

滅多にないのですが、食べても食べてもお腹が満足しない時がありました。

そういう時は、ご飯を一口分くらいお皿に乗せて、「どうぞお上がりください」とお供えをしばらくすると治まりました。

おそらく、お腹がすいて、ひもじいまま亡くなった餓鬼憑かれたのかな?と思います。

最近は、そうしたことがなくても、私は自分のご飯を一口分くらい先にわけて、餓鬼にお供えしています。

ただ、変に浮遊霊を呼びこむことになってもいけないので、これはお勧めしたくてお話ししているわけではありません。

私は何をしてても、いつも霊様の行列を連れて歩いてるような体質なので(笑)、自分なりの考えでやっているだけです。


伝えたいことは、「餓鬼道に堕ちる人は、欲が過ぎる人」だということです。

昔は、環境的に食べられなくて、辛くて辛くて餓鬼になりました。

現代の日本では、たくさんの食べ物があっても、足りない足りないと欲しがる人、自分が自分がと、我先にと、自分の権利ばかり主張する人が、餓鬼になるだろうと思っています。

餓鬼に食べ物を与えても、口に入れようとした瞬間、燃えてなくなってしまうと言います。

餓鬼が食べ物を食べようと思ったら、何が必要なのでしょう?

…それは、「分け合って食べる」ことです。


あの世というのは、同じ考え・同じ気持ちを持った人としか一緒にいられません。

餓鬼道では、お腹がすいて、ひもじい人の周りには、同じようにお腹を空かせた人だらけです。

目の前のひもじい人を尻目に、自分だけが食べようとしても、食べ物は燃えてしまう。

けれど、わずかに手に入れた食べ物を、口に入れようとしたら、目の前に同じようにお腹を空かせた人がいる。

自分もお腹がすいているが、あの人もお腹がすいているだろうと、分け合って食べた時、お腹はいっぱいになり、心も満たされて、天国に帰ることができるのです。

これが、「与える者は与えられる」の真理(宇宙の理)です。

image011.png

無料で使えるパッチワーク型紙
QueSersSers
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

とものすけ

Author:とものすけ
40歳で身内を亡くしてから、強い憑依体質になりました。
自分の過去世や、人の記憶が一気に視えることがよくあります。
人は死んだらどうなるのか、何のために生きるのか、といったことをたくさんの方に知っていただきたいと考えています。

カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
12708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1574位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。