コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

妬みにご用心

こんにちは、とものすけです。

憑依や霊障といったことは、気づかないだけで実は誰にでもあるものです。

人間は、霊が本体ですから、お互いに霊的な影響を与えているからです。

例えば、私がAさんのことを好きだと思ったら、多かれ少なかれ、その感情エネルギーはAさんに飛んでいきます。

お腹がすいた、腹が立つといった、ごく普通の感情も、目に見えないエネルギーですので、目に見えないだけで飛び交っています。

そうした中で、あの人がうらやましい…などの強い念を長く持つと、念と守護霊が一体となって生霊になります。


私が受けると、それが顕著に出るわけです。

心臓の辺りが痛くなると、友人が何か重要な話があるようだとか。

タバコの香りが一瞬すると、だんなが私のことを考えているな・・・という具合です。

強烈なのは妬みです。

例えばBさんと会って、Bさんが私をうらやましいと思ったとします。

会話でも「あなたはいいわね」と言うので、うらやましがられてるのはわかりますし、それは光栄なことでもあります。

そして、Bさんと別れて帰るころ、吐き気がする、オエッとえずく、胃が痛い・・・

妬みと言えるほど強いうらやましさだと、生霊の影響を受けます。

生霊による霊障は、妬み(うらやましい)と、嫉妬(恋しい)が一番身近で多いのではないかと思います。

生霊は受ける方も大変ですが、実は出す方も膨大なエネルギーを使っていますから、非常に疲れるものなんです。


嫉妬や妬みといった感情は、誰もが持つものです。

でも、自分の悪感情にいち早く気づいて、さっと流せるかどうかによって、人の人生は大きく変わります。

我が家では、わずかな時間ですが、一日の終わりに神棚と仏壇に手を合わせています。

そして今日一日の行動や言葉を振り返って、カッとなって怒ったこと、自分が自分がと我をはりすぎたことなどを反省し、今日という時間をいただいたことに感謝して、穏やかに眠ることを心がけています。

image010.png

無料で使えるパッチワーク型紙
QueSersSers
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

とものすけ

Author:とものすけ
40歳で身内を亡くしてから、強い憑依体質になりました。
自分の過去世や、人の記憶が一気に視えることがよくあります。
人は死んだらどうなるのか、何のために生きるのか、といったことをたくさんの方に知っていただきたいと考えています。

カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
11935位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1488位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。