コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

人は死んでも変わらない

こんにちは、とものすけです。

これほどSNSが流行る以前、私もブログを書いていました。

ダイエット、飼い猫のこと、日記…

忙しくなって、ブログをやめたと記憶してましたが、友達が猫ブログを始めて、一緒にと誘われたことで、そういやご無沙汰になってるブログをまた書こうと、そう思って再開しました。


記事を書くのには、すごく慎重になります。

ブログがまだ珍しい頃から、江原啓之さんが「書いたことで人がいろんな影響を受けるから、情報発信には責任を持って書いてください」と言われたからです。

もちろん絶対に悪い影響を与えないことはできませんが、できるだけ良い影響を与えられるよう努力はしなきゃと考えてます。


ふと、なんでブログをやめたんだっけ?と、書いてて思い出しました。

憑依が異様に強かった時期があり、ブログを書くどころか見るのも避けてたんです。

事件を見れば、犯人の気が入ってきて、慌てて目をつぶったり。

アイドルの話を見聞きしたら、その子の感情が入って、その人だとわかるまで気持ちが悪くて辛かったり。

成功した方のブログを読んだら、感謝の気持ちでいっぱいになって、ありがとうございます!!と何度も頭を下げたくなったり。

この頃はスーパーに行くだけで、霊様を拾ってくる状態でした。


通常、こうした霊障は、心持ちや言葉を明るいものに変え、できるだけ規則正しい生活をし、自分にも人にも優しく笑顔で過ごしていれば、おのずと減っていくものです。

なんですが、私の場合には、どんどん強くなっていきました。

それは「人の心の痛みを知ることが、私にとって必要な経験だったから」だと、後程わかりました。


憑依や霊障を通じて知ったことがあります。

霊というと、おどろおどろしい印象があるかもしれませんが、肉体がないだけで、話してみるとごく普通の人間です。

私たちの本体は、肉体ではなく、心そのもので、死んでも(性格は)変わりません。

人が死ぬということは、単に肉体という衣類を脱ぎ去るだけに過ぎないのです。

image009.png

無料で使えるパッチワーク型紙
QueSersSers
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

とものすけ

Author:とものすけ
40歳で身内を亡くしてから、強い憑依体質になりました。
自分の過去世や、人の記憶が一気に視えることがよくあります。
人は死んだらどうなるのか、何のために生きるのか、といったことをたくさんの方に知っていただきたいと考えています。

カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
11935位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1488位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。