コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

映画の中の哲学

こんにちは、とものすけです。

劇場版 マジンガーZ INFINITY、

主人がアニメ好きなので、一緒に観てきました

子供の頃に観たマジンガーZの記憶が、うっすらある程度でしたが、全く知らずに観ても楽しめます。

すごく哲学的で深い内容で、一見の価値があると思いました。


映画のワンシーンで、一度は戦いから退いた主人公に、敵のボスが問うてきます。

「お前は戦うことが好きなんだ」
「お前はこちら側(悪)の人間だろう」

科学者でいるより、戦士として闘うことに、どこかしら躍動感を感じる主人公の心を、揺さぶるわけです。


それを見て、私が悪霊に言われたことを思い出しました。

「お前にも黒いところはあるだろう?」

人間はどんな善人も真っ白になれず、どんな悪人も真っ黒にはなれない…そんなことは頭でわかっていても、心は揺れました。

真理を求める者にありがちな完璧主義な、私の弱いところをついているわけです。


また、映画の敵側は、人類の支配を目論む独裁者そのもので、こう言いました。

「人類の弱さは多様性だ」
(多様性があるから争うのだ)


そして、地球の危機を目前にして、主人公はこう問われます。

(そんな争いばかりの)
「この世の中は必要ですか?」



ここで表す多様性とは、自由意志です。

宇宙創生の神様が人間をつくった時、自由意志を与え、何度も転生輪廻を繰り返し、発展と調和を目指すよう、人間の心にプログラムされました。

人間をつくった神様ですから、もう人間はいらないと決めたなら、私たちはあっというまに地球ごと、魂ごと消滅してしまいます。

地獄に堕ちるような、大きな失敗を繰り返しても、消滅することなく存在できるのは、神の大きな慈悲なのです。


今日の一言は、2016年12月にいただいた、おじいさんのような装いの霊様の金言です。

image008.png
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

とものすけ

Author:とものすけ
40歳で身内を亡くしてから、強い憑依体質になりました。
自分の過去世や、人の記憶が一気に視えることがよくあります。
人は死んだらどうなるのか、何のために生きるのか、といったことをたくさんの方に知っていただきたいと考えています。

カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
12970位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1585位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。