コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

動物にも地獄界はある

こんにちは、とものすけです。

以前、三匹の猫を飼っており、一匹が病気で他界しました。

初めてペットを亡くすという経験で、病気が分かった時はショックでしたし、悲しくて思い切り泣きました。

ただ、逝ってしまったことを残念がるよりも、「ありがとう」と感謝の気持ちで送り出すことが大切だとも考えてました。


しばらくの間は、亡くなった猫の気配がありました。

サッと何かが動いたり、首輪の鈴の音が何もないところから聞こえたり。

それも数日のことでしたが、天に帰れたんだな、良かったと思いました。

決して、私がわかるように、気配でもいいから、そばにいて・・・などとは考えてはいけないと思います。

動物だって魂も感情もあり、それによって、成仏して帰っていく天界もあれば、地獄界もあるからです。

飼い主を心配していては、帰ることもできないでしょう。


例えば、車に引かれたりして、怒りを持ったまま死ぬと、人間に比べて浅い場所ではありますが、動物が行く地獄へ堕ちます。

もちろん、現世的に見れば、引かれた動物が悪いわけではないし、責任もありません。

でも、あの世の論理では、マイナスの感情を持ったまま天界に帰れないんです。

重い気体や冷たい空気というのは、自然と下に沈殿してきますよね。

それと同じ論理で、寂しい、辛い、妬ましいなど重い感情や、無関心、怒り、自己中心などの冷たい感情は、霊界の中において自然と下に下がってくるものなのです。


大切な人はもちろん、ペットだって亡くしたら悲しいのは普通のことです。

悲しむことが悪いのではありません。

ただ、いつまでも悲しみ続けることが良くないのです。

落ち込んでご飯も食べられない飼い主を見てたら、ペットだって安心して天界に帰れるものではありません。


「あなたがいなくなって寂しいけれど、私は大丈夫だからね。安心して天国に帰るんだよ。私が天に帰る時はまた会おうね。」

寂しくて苦しい気持ちをそのままでいい。

涙を流しながらでもいい。

それでもいいから、「ありがとう、また会おうね」と、天国に送り出してあげてほしいなぁと思います。

image01.png
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

とものすけ

Author:とものすけ
40歳で身内を亡くしてから、強い憑依体質になりました。
自分の過去世や、人の記憶が一気に視えることがよくあります。
人は死んだらどうなるのか、何のために生きるのか、といったことをたくさんの方に知っていただきたいと考えています。

カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
16834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1937位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。