上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、とものすけです。

この世に産まれてくる大きな理由の一つに、あの世では同じ価値観の人としか一緒にいられないということがあります。

自分と意見の合う人といると、誰でも心地よく感じるものです。
でも、良くも悪くも、刺激が少ないんですね。

違う意見を聞いて、そうい捉え方もあったのか!と、目からウロコが落ちるようなこともあります。
何であの人はあんな風なんだろう…と、違う性格のひとを理解することで、人間の器が広がります。

そうしたことを学ぶため、今世ではこうした修行をしてきますと、自分の人生の課題を決めて、生まれる土地を選び、親を選んで産まれてきます。

自分にとって嫌だなぁと思う相手は、自分も同じようなところがあるか、全く理解しづらい反対のタイプかどちらか。
どちらにせよ、自分にとって必要なことを教えてくれている先生であり、人生の課題を手伝ってくれる人に違いありません。

人に嫌なことをすれば、因果応報でその報いは今世や来世で同じことをされる時が来ます。
それでも私のために意地悪な役目をかって出てくれてるわけです。
反面教師にする、言いにくいことをはっきり言うための練習台になってもらう、嫌なことをさらりとかわす練習相手になる…
課題を学ばせてくれていると考えれば、嫌いな人というのは、実にありがたい存在なんです。

人間ですから、嫌いな相手は嫌いでも構わない。
でも、どんなことにも意味があって、今の自分に必要な環境が与えられています。
嫌いな相手も自分にとって必要だから、そこに居てくれることに感謝しなければなりません。


そう、私は考えています。

08586bcb87621ab1e146ed950cc0ecdf.png
スポンサーサイト
2017.06.22 Thu l とものすけ論 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://23happylaboratory.blog.fc2.com/tb.php/28-e54edd23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。