上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、とものすけです。

自信を持ちなさい、何度も何度も言われました。
何か上手くいかないと落ち込んでは、Kちゃんや、だんな様に励ましてもらいました。
それでも、自分に自信が持てませんでした。

Kちゃんが言います。
「とものすけさんは、あれもこれもできることがたくさんあるよ。自信を持って」
…いや、自分より優れた人はたくさんいるし、あれもこれもできないから、上手くいかないし。

だんな様が励ましてくれます。
「とものすけは、ずっと頑張ってるよ。以前と比べてごらん、すごく成長したじゃない」
…いや、今現在がんばれてないから。

本当に、鬱モード突入した私は、マイナス思考が半端ないです。
どうしたら、そこまで捻くれた考え方できるのかしら?と、普段の私なら呆れるんですけどね。
鬱になる時は、たいてい間違った方向にがんばってしまい、上手くいかなくて余計に力んで、体力精神ともに力尽きてしまうことがほとんどです。
そんな私が自信を持つなんてできないと、ずっと思っていました。

ところがある日、考えたんです。
自信を持つということを、勘違いしているのではないかと。

何かができることで自信を持とうとすると、それができなくなった時に、自信を失ってしまう。
以前の自分と比較して成長したことに自信を持とうとすると、もっと成長しなければ自信を持ち続けられないと、焦りを感じてしまう。
そんな不安定なものではないはずだ…

本当の意味で自信を持つということは、「どんな状態の私でも、私は私でいい」と、認めることができること
それは絶対的な自信だ!と考えました。


宇宙の全て、自然も、あらゆる生き物も、無機物も、神様の光が集まって凝縮してできています。
もし仮に神様が要らないと思われたら、簡単に消滅してしまう存在です。

でも私たちの魂は、どんな失敗をしても、不完全なままでも、消滅することはありません。
つまり、私たちは神様に愛されていて、存在を許されているのです。


親が愛してくれなかった。
友達は誰も理解してくれなかった。
伴侶は認めてくれなかった。

そうした環境だったとしても、神様は慈悲の心でいつも見守ってくださっています。
産まれる前からずっとついててくれる守護霊も見守っています。
ご先祖の中で成仏された方たちも、見守ってくれています。

また、私たち人間の魂は、神様の分け御霊であり、神様の子供です。

私たちは神様の子供として、分け隔てなく愛されている。
神様から愛されているのですから、不完全でも不安定でも、もっと自信を持っていい。


私も神様の子供、今日会う誰かも神様の子供。
そう考えると、誰に対しても優しくあろうと思えるのです。

08586bcb87621ab1e146ed950cc0ecdf.png
スポンサーサイト
2017.06.22 Thu l とものすけ論 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://23happylaboratory.blog.fc2.com/tb.php/26-554968d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。