コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

過去は変えられる、未来は変えられない

こんにちは、とものすけです。

私は30代から10年くらい鬱で、出かけるときは精神安定剤飲んで、帰ると布団に寝たっきりの生活でした。

今でもたま~に鬱になるんですよ。

ご飯は味がしないし、だるくて眠いし、目に入るものすべてが気持ち悪い、人が怖いと感じる。

誰にも会いたくない、死にたい、消えたい、そんなことばかり勝手に浮かんでくるんです。


思い出すだけでも辛かったんですが、今は「私に必要な経験だったんだよね」と、淡々と思い出す自分がいます。

それは、今がとびきり幸せだからです。


過去の記憶って、けっこういい加減に覚えてるもの…というか、事実に色をつけて思い出すものなんです。

例えば、今が不幸と感じてる人はこうなります↓
あの時、嫌な人がいてさ~~、あの人がいなけりゃ、もうちょっとマシな生活になってただろうに。

今が幸せだと感じてる人はこうなります↓
あの時、あの人がいてくれたから、今の自分がある。嫌な役をかって出て、私を鍛えてくれてありがたい。


では、未来は変えられないというのはどういう意味でしょう。

今が不幸と感じてる時は、何が起きても不幸の色メガネで見てしまう。
だから、ずっと不幸なまま。

一方、幸せになろうと努力してる人は、その努力すら幸せなので、何が起こっても幸せが大きくなっていく。
だから、幸せなまま。

それは亡くなると顕著に現れます。
不幸な人はずっと不幸、幸せな人はずっと幸せ。

もちろん不幸→幸せに変わることはありますが、生きてる時より亡くなった後の方が、肉体がないぶん、切り替えにくいです。


泣きたいほど悲しくても、作り笑いをしてるうちに、悩みがバカバカしくなって泣き笑いになるとか。

悔しくて絶対許せない!と思うようなことでも、無理やり許しますと唱えることで、少しづつ許せるようになるとか。

生きていれば、肉体からのアプローチで気持ちを切り替えることができるけど、死んだ後は心1つで切り替えなきゃいけない。

人間、いつ亡くなるかはわかりません。
生きてるうちに、穏やかで明るい、かつ静かな心持ちの癖をつけておきたいものです。

image04.png
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

とものすけ

Author:とものすけ
40歳で身内を亡くしてから、強い憑依体質になりました。
自分の過去世や、人の記憶が一気に視えることがよくあります。
人は死んだらどうなるのか、何のために生きるのか、といったことをたくさんの方に知っていただきたいと考えています。

カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
11935位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1488位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。