上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「夜勤明けなのに、ついてないなぁ」
突然、声が薫の耳にこだました。
「若いのに気の毒に……」
「今日はようやくデートにこぎつけたんだ。さっさと仕事して早く帰ろう」

誰? 何なの?
誰がしゃべっているのかわからないが、いろんな声が一気に入ってくる。
薫はますますパニックになった。

「やめて! 誰か止めて!」
泣きじゃくりながら耳をふさぎ、その場にしゃがみこんだ。

「――大丈夫よ」
女性が薫の肩をそっと抱いて、優しく声をかけた。
「誰でも最初は驚くけど、大丈夫だからね」

薫の気持ちが落ち着くのを待って、女性は話を続けた。
「気の毒だけど、あなたは事故で死んだの。こちらの世界では、心の声がすべて聞こえるのよ。最初はみんな驚いてパニックになるけど、じきに慣れるわ」

薫は怪訝そうな顔で女性を見つめた。
ショックもなにも、自分自身がここに存在するのに、死んだと言われても信じられない。
まだ若いし、死んだらどうなるなんて考えたこともないし。

――でもやっぱり、あのトラックは夢じゃなかった。私、死んだんだ……

薫は自分の置かれた状況が理解できないものの、何とか受け入れようと思った。
でも……人間、諦めが肝心。
死んじゃったものは、しょうがないじゃない。

そんな薫を、慈しむように女性が見つめた。

ベッドの上では、看護師の一人が丁寧に薫の身支度をしている。
「その看護師に意識を合わせてごらんなさい」

そう言われても、意味がわからない。
だいたい、この女性を信じていいものか、それすらもわからない。
でも、他に話せる人もいなさそうだし……

諦めたかのように、薫は看護師の声を聴こうと、彼女を見つめて耳を澄ませた。


――何だろう、言葉にならない。
モヤッとした、これは……悲しみ?

その瞬間、薫の中に看護師の記憶が走った。

私と同じ年ぐらいの娘さんを病気で亡くされている。
ずいぶん前のはずだけど……
それでもこの人の心は、今もなお、深い悲しみでいっぱいなのだ。

――いけない。
いつまでも見つめていると、私まで悲しくなってくる。


薫にとって、それは不思議な感覚だった。
瞬時に相手の気持ちや記憶を自分の中に取り入れることができる。
ただうっかりすると、相手の感情が自分の感情と区別がつかなくなりそうだ。


――これって、人の心が読めるってこと?! ちょっとすごいかも。
不安な状況であるにも関わらず、まるで霊能者になったような体験に、薫は興奮した。
父親ゆずりの楽天的な性格に加えて、『何があっても、気持ちは明るく持つ』クセをつけていたからだ。

心の声を聴くことに慣れてくると、逆に聞きたくない声を無視することもできるようになった。


「霊と霊の間では、自分の声も相手に伝わってしまうから、隠し事ができないの。」
突然の女性の声に、薫は一気に現実に引き戻された。

霊ってなに? そういえば、この人は誰? もしかして幽霊ってやつ?!

薫がいぶかしげに女性を見つめるものの、彼女は薫の目線を無視して話を続ける。
「あなたが誰かに会いたいと思えば、すぐにその人に会うことができる。行きたいところにも、すぐ行けるのよ」

会いたい人に会える?
もしかして、今なら死んじゃった人でも会えるのかな。
それなら……おばあちゃんに会いたい。

いつも優しかったおばあちゃんは、ニコニコ笑ってる顔しか記憶がない。
私が中学に上がる前に死んじゃって、来る日も来る日もおばあちゃんを思い出しては泣いたっけ。
会えるものなら、もう一度会いたい。


――おばあちゃんに会いたい。

薫は祖母の記憶に意識を集中させた。
その瞬間、目の前に大きな光が現れた。
その中に誰かいるんだけど、まぶしくてよくわからない。

――目が慣れてくると、それが光に包まれた祖母だとわかった。
祖母の変わらぬ優しい笑顔に、薫の不安は一気に払拭された。


「――え? ほんとに? おばあちゃん?!」
薫は飛びつくように祖母の胸に飛び込んだ。
祖母の記憶が鮮やかに、薫の心によみがえる。

「薫は我慢強いね、えらかったね。もう大丈夫」
――転んで半べそかいてると、私の頭をそっと撫でてくれた。

「たくさん採れたね。お母さんに自慢しよう。卵とじにしてもらおうね」
――春になると、ツクシを採りに連れてってくれるのが楽しみだった。


おばあちゃん、あの頃と何も変わってない。
祖母の顔を見て安堵したせいか、つい泣きそうになるのを薫はぐっとこらえた。

「大きくなったねぇ、すっかり美人さんになって。薫は本当に我慢強い子だ、もう大丈夫だからね」
子供のようにうなずいて、祖母の話に耳を傾けた。

「薫、どこか行きたいところはあるかい?」
「できれば、おばあちゃんの家に行ってみたい。でも、もう無くなってるし……」
「薫が行きたいと願えば、ちゃんと行ける。さぁ、おばあちゃんの家を思い出して、行きたいと願ってごらん」


薫はもう一度大きくうなずいて、目を閉じた。
――おばあちゃんの家に行きたい……

瞬時に薫の目の前には、懐かしい祖母の田舎が広がっていた。


すっごい…… なにこれ……


言葉にならないほど、薫の胸は高鳴った。
そばにはニコニコと笑う祖母が見ている。

玄関を開けて、慎重に中に入る。
何となく壊れてしまいそうな気がしたからだ。

祖母が大切に使っていた、タンス、テーブル、姿見……
そこには何もかもが揃っていた。

ゆっくりと、庭先からトイレや納戸まで、薫は記憶を味わうかのように見て回った。


祖母と一緒に寝ていた、仏間も当時のままだ。
仏壇には、祖父の写真が飾られている。

仏壇の前に座ると、気難しい顔の祖父と目が合った。

薫が生まれる前に亡くなった祖父とは面識がない。
母からは、面白い人だった、とだけ聞いている。

祖母が生前そうしていたように、薫はそっと手を合わせた。


家の外に出ると、川のせせらぎが聞こえてくる。
キラキラ光る木々の美しいこと!

どこからか、セミの鳴くのも聴こえる。
セミ取りにもよく行ったっけ。
夏休みになると、従兄弟たちと会える日がいつも待ち遠しかった。

どれもこれも、本当に懐かしい……

「おばあちゃん、これどうなってんの?」
薫は目を丸くして尋ねた。
相変わらず、祖母はニコニコと微笑んでいる。

「――さて、そろそろ行こうかね」
「行くって、今度はどこ行くの?」

考える間もなく、薫は病室に戻っていた。

    ←BACK     NEXT→
無題
スポンサーサイト
2017.05.09 Tue l ある朝、突然 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://23happylaboratory.blog.fc2.com/tb.php/12-bbf45478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。