コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

とものすけちゃん、丁寧に生きるのよ

こんにちは、とものすけです。

もう8年くらい前になるでしょうか。

憑依体質とわかったころは、嫌で嫌で仕方なかったです。

辛いとこぼす私に、「なんでもかんでも霊のせいにしない」

と、その当時の先生に言われました。

「自分が浮遊霊みたいな生活してるから浮遊霊が来るの」

泣きましたね、身体が辛いところに追い打ちで(笑)

でも今は、その言葉につくづく感謝しています。


事が起こって、人のせい社会のせいと、外側に原因を求めるのって、実はすごく辛いんです。

だって、周りが変わらなきゃ解決しないってことですから。

よく「自分が変わると周りも変わる」って言いますよね。

あれは、自分がより良く変わることで、周りに影響を与えた結果です。

自分の思いは変えられますが、人の思いは変えられません。


自分に起こることは100%自分の責任。

自分に起こることは自分に必要だから起こっている。

神様は乗り越えられない課題は与えない、だから必ず乗り越えられる。

霊的な悩み(憑依)も、日常生活の悩みも同じです。

今の自分にできる、一番良いと思われる選択は何か、一つ一つ丁寧に対応して探って実践していきます。

そうした日々の積み重ねは、きっと今世に後悔を残すことなく、明るい来世に繋がるでしょう。

image007.png

無料で使えるパッチワーク型紙
QueSersSers

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

言葉は心を映す鏡

こんにちは、とものすけです。

「あの人、口は悪いけど、根はいい人よ」

なんて申しますが、

その言葉のキツさ、悪さを聞いた人の心には、

傷が残ったり、怒りが生まれたりするわけです。


「何やってんの、ばかね~」と言うと、相手は嫌な顔をします。

さらに脳は主語を判断できないから、

自分がバカにされたと思って、ストレスを感じます。


だから、愚痴、不平不満、悪口、心配事などを口にすればするほど

心が病み、身体もその影響を受けて病んできます。

相談する、状況を説明するために、誰かのことを悪く言わざるを得ない時もあります。

しかし、だれかれ構わず同じ人の悪口を言う、

いつまでも同じ愚痴を言い続ける、

そうしたことは避けたいものですね。

image06.png
コンテントヘッダー

食べることは命をいただくこと

こんにちは、とものすけです。

いただきます!というのは、命をいただく、ということです。

植物だって種から芽が出て、成長して身がなって、子孫を残す、そうした生命はあるので、収穫した野菜からも命をいただいています。


できるだけ残さなくていいだけの食べ物を用意する。

食べ物の好き嫌いを少なくする。

喜んでいただく、どうしてもできないときは謝って残す。

命を賭して、私たちの食べ物となってくれていることに、心から感謝できる人でありたいと思うのです。

image2.jpg
コンテントヘッダー

愛するとは、相手を理解すること

こんにちは、とものすけです。

いくら親しい人とはいえ、相手のことを100%理解できますか?

自分ではできないのに、相手に対して「わかってくれない!」と怒りがちにはならないでしょうか?

私はしょっちゅう、そんなことで怒ってました。

当然、その頃は幸せとは、ほど遠い所にいました。


「なんでそんなことするの?!」と怒りに任せず、

「なぜ、あの人はああ言ったのだろう?」と冷静に分析し、理解する。

自分のことすらわからないのに、相手をすべて理解するなんて無理なこと。

ただ、相手を理解しようとする気遣いと努力は、愛情そのものではないでしょうか。


「人を諭す立場にあるなら、相手を好きも嫌いもあってはならない」

そう言われた時は、そんな無茶な…と思いました。

でも、やらねばならないと努力するうち、気がつけば苦手な人は激減しました。

悩みの大半は人間関係から生まれます。

嫌いな人、苦手な人が減ると、本当に生きるのが楽になりますよ😊

image3.jpg
コンテントヘッダー

和顔施とは笑顔のプレゼント

こんにちは、とものすけです。

笑顔の人の周りには、笑顔の人が集まります。

機嫌というのは、伝染するものなんですよね。

相手が笑っているなと気づいてもらうには、自分で思うより、かなり口角を上げないとわからないものです。

さぁ、鏡を見てニッコリ!

笑顔の練習しましょ(╹◡╹)

image10.jpg
最新記事
プロフィール

とものすけ

Author:とものすけ
40歳で身内を亡くしてから、強い憑依体質になりました。
自分の過去世や、人の記憶が一気に視えることがよくあります。
人は死んだらどうなるのか、何のために生きるのか、といったことをたくさんの方に知っていただきたいと考えています。

カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
16834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1937位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。